トレチノインの肌における効果と脱毛注意点

トレチノインとは、ビタミンAの誘導体ですが、実際肌にどんな効果があるのかをご存知でない人も多いことでしょう。

まず、ビタミンAというのは肌を構成する細胞を生成するのに必要不可欠な成分であり、また構造を強化するコラーゲンの構築をし、トレチノインがビタミンAを誘導することによって肌の代謝機能が正常化して古い角質をはがし、新しい角質を生成するのを促す作用があります。

そのため、トレチノインを使用することでシミやシワ、くすみなどがなくなり、肌が若々しく蘇るのなどのアンチエイジング効果もあります。

若い年代のうちから使用することでさらに効果が高まり、また皮膚がんなどにかかりにくくする作用もある究極の成分とも言えます。

ただ、脱毛ワックスなどで自己処理するときは脱毛注意点がいくつかあります。

トレチノインを肌に塗っている状態の皮膚の上では、ワックス脱毛はできません。
なぜなら、トレチノインの作用である古い角質をはがす働きで、ワックスと一緒に皮膚まで剥がれてしまうこともあるからです。

美容クリニックや脱毛サロンに通う場合も、脱毛注意点としてトレチノインでの治療を行っていることをクリニックの医師や脱毛サロンのスタッフに伝えておく必要があります。

トレチノインの服用していて脱毛する場合には、もしかするとトレチノインの治療を制限されることもあるかもしれません。

それ外に、治療中は普段の時よりも太陽光に当たることを避ける必要があるため、日焼け度目クリームをしっかり塗って肌を露出しないようにするのも大切なことです。

脱毛注意点は、しっかり守らないと思わぬ肌トラブルの原因にもなるので、怠らずに脱毛ワックスの使用は避けて、サロンやクリニックにはきちんと伝えておくようにしましょう。